読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あざやかに塗りつぶすのさ

ジャニヲタ&スタダヲタ。新たに声優沼へドボン。 自分的メモ含む

ももクロ 桃神祭2015で夏が始まって終わった

ももクロの夏・桃神祭2015 エコパスタジアムに行ってきました。夏のももクロは去年の桃神祭に次いで2回目。私のももクロ史上初の2days両日参戦しました。
ビックリするくらい暑くて、暑くて熱中症と脱水症状にだけ気をつけて水と塩飴を摂取しまくりました。着てた服汗で絞れましたから。
来年は少し考えて日程組んでほしいなぁ。

桃神祭(とうじんさい)とは?

去年から行われているももクロの夏のライブになります。それまでは夏のバカ騒ぎというコンセプトでした。
桃神祭のコンセプトとして、日本のお祭りを大々的に推しています。去年同様日本各地のお祭りや変面などなど普段見ることのできないお祭りが一度に見れるライブ*1にもなっています。

桃神祭2015は?

会場は去年の日産スタジアムではなく、リーダー百田夏菜子ちゃんの出身地の静岡・エコパスタジアムで行われました。

桃神祭2015のサブタイトル的なものはこちら。
2015.07.31 御額様ご来臨
2015.08.01 遠州大騒儀

★1日目(2015.07.31):御額様ご来臨
御額様(おでこさま)と言うのは、夏菜子ちゃんからきています。夏菜子ちゃんといえばエビ反りで知られていますがおデコも凄いんです!
ただ広いだけなんですけど、綺麗なんですよね。自己紹介にも「でこでこでこでこ、でこっぱち〜!」とセリフが入るくらいに特徴としています。
出身地の静岡開催ということで1日目は夏菜子ちゃんのために!という構成になっていました。

★2日目(2015.08.01):遠州大騒儀
これは騒ごうぜ!的なものなんですかね?特に説明はされてなかった(と思います。してたらすいません)

ももクロのライブは流れは同じでもセットリストが異なることが多く、今回も何曲か1.2日目で異なりました。
二日とも、セットリストがすっきりしていて大きい中だるみもなく駆け抜けるような流れだったと思います。

新しい試みだったのかプロモーションの一環なのか海外アーティストの公演のように、オープニングアクト(というには失礼かもしれない)として、Teddy Loidさん*2ももクロの曲をアレンジしたアルバムを9月に発売するので演奏してくれました。青春賦のアレンジめっちゃよかった!発売が楽しみ!!

2回目の夏のももクロは・・・

う、浮気しててゴメンねぇぇぇぇ!!!!

今年はしゃちほこちゃんにお熱だったんですが、無条件で楽しめるのはやっぱりももクロだった!と実感しました。ライブが全てではないけれど、やっぱりももクロはライブだなと改めて思わせてくれました。コールもたくさんするし、踊るし。頭空っぽにして目の前のメンバーを見て楽しむ、これだけでどれだけ日頃のストレスが飛んでいくことか。いやー、本当に楽しかった。

1日目は音響が急にハウリングしたようになったり、モニターが一瞬消えたり、2日目は杏果のイヤモニの調子が急に悪くなったようでテンポがズレてしまったと残念な点もありましたが、それ以外は気になることがそこまでありませんでした。
強いて言えば他のダンサーさんたちと衣装の色合いが似てしまっていてメンバーが見つけづらかったくらいです。でも和をモチーフにしてる衣装可愛かった。

メンバーの成長と絆

直前にれにちゃんが腕を骨折してしまったこともあり演出はどうなるんだろうと思っていましたが、れにちゃん腕がっつり固定されてました。あれじゃ動かないね。
踊れるところは踊って、踊れないところは一人でリフターに乗ったり、今できる範囲のパフォーマンスをしていました。

1日目にしおりんが「踊らないれにちゃんは今しか見れない」と言っていてまさにそうだな!と。普段全身をフルに使って歌って踊ってファンサしてるれにちゃんが真逆な状態はある意味貴重。怪我をしないのが一番だけど怪我すらもポジティブにできる発想は、れにちゃんのモノノフへの申し訳ないという罪悪感とモノノフの心配というネガティブを変えてくれる言葉でした。
ももクロでもMCを任されることが多くなり、周囲の雰囲気、メンバーの気持ちを読み取り代弁するしおりんがすごく逞しく見えました。
すぐ暑くなってほっぺた真っ赤にしちゃうしおりんは相変わらず可愛かった。

今回まっすぐ前を見て立って、まっすぐに歌っているれにちゃんはいつもはニコニコに笑って手を振るれにちゃんとは違い、とても大人っぽくすごく綺麗になったなぁなんて思っていました。れにちゃん推しの弟に話したら「ギプスしてて姿勢よかったから余計そうみえたんじゃない?」とあっさりとした返事でした。
でもれにちゃんはライブの度に美人さんになってると思うんだよなぁ…始まってスクリーンにアップになった時ドキっとしたし。
1日目は挨拶の時にメンバーにもバンドメンバーにも労いの言葉を掛けられて泣いてしまったけど、泣きたくなかったろうなーと。
骨折仲間のあーりんとしおりんももらい泣きしてたけど。

杏果も大人っぽくなったなー、あれ?こんなに小さかったっけ?と。歌はパワフルだけど繊細で、いつも杏果が歌っている姿を見ると自然と涙が溢れてくる。気持ちが歌詞に乗っかるから心が揺さぶられるんだよね。
出典元は忘れましたが、本人も感情が入りすぎて歌えなくなるところを今はコントロールしていると言っていて確実に歌い手としてのスキルが上がってるなと実感。
少しクールな杏果がニッコニコ楽しそうに笑ってファンサしてる時がめっちゃ可愛いんですよ、本当に。

夏菜子は本当に地元が大好きなんだなと再確認。今も忙しいのに静岡から通ってるっていうんだからすごい。
映画が公開された頃からリーダーとしての貫禄が出てきたというか、少しのことでは動じない凄み?が出てきたように思います。
でも、3rdアルバムと4thアルバムが出ると発表されて4thがわからず、
夏菜子「3rdと4枚目一緒に出るなんてね、」
しおりん「4thって言うんだよ」
って相変わらずおバカなところも愛されるところなんですよね。夏菜子の言葉にはとてつもないパワーがあってすごく心に響くことを言えるから、リーダーなんだろうなって思います。夏菜子がブレたらももクロもブレるんだろうなって。ちゃっきり節を見よう見まねで踊ってて、うひょ顏してはけてくの可愛かった。渚のラララもよかった。
自分で「静岡の宝、百田夏菜子でぇーす!」って言い切れるメンタル好き。

あーりんは、綺麗になってきた。
高校卒業して二足のわらじが一足になって、社会人としてももクロに正面から向き合えてるのかなーって感じることが4月以降感じることが多くて、着実に大人になってるなぁと。
顔つきとかも少し変わってきて大人っぽくなってきて、推しの成長が嬉しい今日この頃。
1日目にれにちゃんが泣いちゃって、骨折仲間だから気持ちがわかるあーりんももらい泣きしちゃって、泣くべき場所ではなかったかもしれないけど去年のツライ気持ちも、その時のメンバーや周りの優しさとか思い出しちゃったのかな?優しいね、あーりんは。と盲目全開で私ももらい泣きでしたよ。
今までも指先まで意識して綺麗だったけど、そこに色気が入ってきて可愛いセクシー(とまではいかないんだけど)になってきて、さらに魅力的になってきましたね。
ココ☆ナツの時に水をまくキャノンみたいなので楽しそうに水を撒いてる時の顔は、いたずらっ子そのものでまだ幼いあーりんが楽しめるのでおばさん安心してますよ。


今年の冬は軽井沢だし、来年にはフルアルバム2枚同時発売にドームツアーと楽しみが増えて、まだまだモノノフとしてももクロの未来を見てい行けたらいいなぁ!
夏菜子が「手を離さないようにしても、ピュッとどこかへ行っちゃうこともあるけど、また戻って来てくれればいい」と最後の挨拶で言っていて、どこのアイドルでもファンの増減は気になるのねとちょっとだけ現実に戻った瞬間でした。あぁ、5月のしゃちほこの時に柚姫が同じこと言ってたんだ。



浮気してゴメンねといったけど、私は女の子アイドルもDDだから、これからも浮気はしちゃうだろうなー。

DDでごめんねぇー!!!!

*1:祭好きにはももクロもお祭りも見られるお得感!

*2:Kis-My-WORLD初回盤 REMIX Tell me why?も手がけています