読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あざやかに塗りつぶすのさ

ジャニヲタ&スタダヲタ。新たに声優沼へドボン。 自分的メモ含む

もう沼は必要ないって言ったじゃないか! 〜ジャニヲタ声優さんにハマるの巻〜

12月に入りましたね、師走ですよ師走。仕事も配置換えやらなんやらで平日のフットワークは重くなる一方です。私に癒しを、癒しをください!

どのジャンルにも存在する、沼について。2016年も佳境に入り新たな沼を開拓したお話をしようかなと思います。気持ちとして何となく残しておきたい備忘録的なものですのでなにひとつ楽しいことはないと思いますのであしからず。
本当はスマホケースの簡単カスタマイズを載せようとしたんですけど変えてみたもののケースそのものが超絶使いづらいのでエントリーしないことにします。

というわけで沼のお話です。
ジャニオタをしていると様々なグループが沼でなんなら一番の沼はジュニアだと思っていますし、実際ジュニアにハマってしばらくするととんでもない沼だったことに気づいてオタクを続けてきました。担当グループがあろうと、担当がいようともいつどこでどんなキッカケで新しい沼に落ちてしまうかわかりません。今まで私は沼を作っては身を沈め、這い上がったらまた新しい沼へ飛び込むという所業を繰り返してきました。現在はJUMP とV6に落ち着いていますが何が起こるかわかりません。最近は松松ブーム再来待ちか、俺たちの諸星がくるかといったところです。この二つはまだ水溜りになるかならないかレベルです。


そんな中、別の空間にアイナナ沼を掘って身を沈めて約1年3ヶ月。
きっと推しが有岡くんっぽくなければ、そして普通の恋愛シュミレーションゲームだったらこんなにハマることはありませんでした。
加えて友達が見事にハマってくれたので沼の掘削はスピードアップしています。

そんな私が作ってしまった新しい沼はアイナナではないんです。アイナナももちろん新しい沼なんですけどそれよりも厄介でワンダホーな沼を開拓してしまいました。



声優さんって沼だよね!




見事に転がり落ちましたね。Kiramuneが気になっててその中でもTrignalにハマってしまったようです。
kiramune.jp

アニメも幼少期以降は金田一少年の事件簿らんま1/2くらいしか見た記憶がないため、声優さんの知識はほぼ皆無。アニメ好きの友達にアイナナを始めた頃声優さんのことを教えてもらいましたが、他の出演作を知らないのでそれまでという状況でした。
加えて好きになった役のイメージが壊れちゃうのはいやだなと思い無意識に情報を入れないようにしていたのかもしれません。

そんな中、8月にアイドリッシュセブンの声優さんたちのニコ生が放送され今までキャラクターとしての声しか知らなかった7人の方達の姿を初めて見ることになりました。
お名前は調べて写真を見たりしていましたが「へぇー、こんな人がやってんだー」くらいの印象だったのが、動いているのを見るとなると話は別です。
キャラクターと合わなかったらどう思うかな?とか、イメージ崩れるんじゃないかな?という思いが頭をよぎりましたがアイナナ1周年で自分の中でも盛り上がりが頂点に近い時期だったのでまずは見てみようと思い、自宅のPCの前でドキドキしながら放送開始を待つことに。

いざ始まってみると考えていたことは全部何処かへ飛んで行ってしまい画面上の7人がただただうるさいだけの1時間でした(褒めてる)
その中で印象に残っていたのは三月役の代永翼さんが三月みたいだったことと、ナギ役の江口拓也さんがめちゃくちゃ背が高い(撮り方によっては画面に映ってなかった)、大和役の白井悠介さんが大和さんにソックリ!とこの3つでした。
アイナナに関する情報がとんでもない数だったというのもあって声優さんとキャラクターのイメージの乖離を感じることなく、特に声優さんが気になることもなくアイナナの世界を楽しんでいました。

それからしばらくして、アイナナのHPにキャストのコメントがアップされていることを知り、一通り見ることにしました。
その時も「声優さんってこんな感じかー」と思うだけ。ただ江口さんの話し方に違和感みたいなものだけを感じていました。興味がなかったのでその違和感を突き詰める気もありませんでした。その後アイナナにハマってくれた友達がコメントを見た話をしていたらひとこと。



「江口さんって相葉っぽくない?」



あー!!!それかーー!!!!と彼女のその言葉でコメントを見たときの違和感が何だったのか気づきました。
声も見た目も似てないんです。系統で分けたら同じかもしれない、きっと塩よりの醤油顔。似ているところは言葉のチョイスと使い方と動作です。

相葉さんって語彙力!ってなること多いじゃないですか、同じことを同じ単語を使って違うように話したりとか、難しい言葉の使い方わかんないのに使って間違ってたりとか(全部褒めてます)ちょっと動きに無駄があったりとか。

江口さんもそんな感じなんですよね。なんか声大きいし同じことを2回繰り返すし、内容うっすいこと多いし、何となく周りが理解して通訳してるし(相葉さんにおけるニノ、翔くん)
それに気づいてから元相葉担として江口さんが気にならないわけなく、色々調べてみると三月役の代永翼さんと木村良平さんと3人でユニットを組んでいて、WEBラジオをやっていて、それなら棚ぼた的に推しの声やってる方の情報もゲットできるじゃん!となり聴き始めたのが沼開拓の始まりでした。

声優さんって声がいいからラジオ聴いてても癒されるし(江口さん声大きいから除く)、とにかく話が面白い!アイドルとは違うから下ネタだっていうし、等身大に近い恋愛の話だってする。普通の男性の会話が聴けるのもジャニーズのラジオしか知らない私にはとても新鮮でした。

3人のユニット*1は声優さんたちの音楽レーベル*2に所属していて、そのレーベルがフジテレビNEXTで番組をやっていることを知り、とりあえず見ていたら有名な声優さんたちが出演されていました。
経歴のお話とか、実際のアフレコ?アテレコ?を見て声優さんの多才さやお仕事に真摯に向き合っている姿にただただ感動をして声優という職業の素晴らしさと凄さを痛感しました。

しかし、ここまで気になっているのに3人の作品を見たいと思う気持ちは湧いてきませんでした。
アニメに興味があるというよりは声優さんに興味があるというタチの悪いハマり方をしてしまったようでアニメに興味が持てない状態です。
ただ来期に何か出演されるなら見てみようかなーと思っています。

音楽レーベルに所属していますし、なんならアニソンもたくさん歌われてる3人が役がつかないでどうやって歌ってるのか?と気になりはじめたのと同時期に、2ndシングルの発売のお知らせが!
とーーっても気になるけど、この時は沼にハマってはいけないと自分にずーっとブレーキをかけていました。聴いたら絶対ハマる自信あったし。
アニメイトオンラインを開いては閉じ、開いては閉じを繰り返していたときに、2ndシングルのイベント開催の文字を発見。
行けるかどうかもわからないけど本人を見られるチャンスがあるならと衝動的にポチってしまいました。
購入までに何も曲を知らないのもなぁと思い直近の作品を購入し聴いてみることに。
江口さんと代永さんはアイナナで歌声は聴いていたのですんなり聴くことができました。木村さんも話し声のトーンとか好きだなと思っていたので、歌声に気になることもありませんでした。Trignalは3人とも声が高めで統一感があるので爽やかな感じだし、楽曲はもっとアニソン寄りかと思ったら一般的なJ-POPで抵抗感もありませんでした。むしろジャニーズWESTが歌っててもおかしくない感じの楽曲が多い気がします。音の伸ばし方とか。桐山くんパートに多い感じのアレです。
そんな感じでするっとぬるっと開拓した沼が良すぎて今はずーっとTrignal聴いています。JUMPに戻ると少し焦る。

定期的にライブとかやってるみたいで行きたいなーなんて思ってますけど、現場の違いがわからない。
イベントは申し込んでみたから当たったらいいなーって思っています。

年末はJUMPコンとカウコンがあるしでジャニオタも引き続き楽しんでいければと思います!!


さぁ、江口さんの写真集どうしよっかな!

*1:Trignal

*2:Kiramune