読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あざやかに塗りつぶすのさ

ジャニヲタ&スタダヲタ。新たに声優沼へドボン。 自分的メモ含む

同じグループを好きなことって意外にも重要かもしれないと気づいた話

お友だちとキスマイDVD鑑賞会をやってきました。
以前のエントリーで担当と名乗ることが今後もできるのかと考えたものを書きました。書いてからも気持ちがポジティブな方向に向かっていなかったので、正直モチベーションが上がらないまま待ち合わせ場所に向かいました。

pepper-solt7.hatenadiary.com

もともと仲のいいジャニオタ友達の中にキスマイを好きな子がおらず、キスマイに対する話というのは私が一方的に話をしている状況でした。これがまたみんな優しくて聞いてくれるんデスよ。

今回玉森担当になった友達とデビューが決まった代々木*1とKis-My-Journeyを見ようと決めていましたが私がJourneyを忘れるという失態を犯し代々木とMINTコン*2を見ることになりました。
限られた時間内にDVDを見るとなると厳選しなければならず、私としてはMINTコンと代々木が構成も面白いなと思えるものだったのでオススメし、友達はJourneyの玉森くんのソロを見たいという話で間をとったのですが、正直なところ代々木以外二階堂くんがほとんど映ってないのでどれでも良かったんです。
見ている間は玉森くんの可愛さとか、MINTコンのお花畑曲が本当に可愛いとか、今までのテンションとまではいきませんでしたが一人で見るより楽しむことができました。やっぱりメイキングとかも誰かと見た方が楽しいんだろうなぁ。

3時間の鑑賞会を終え、近くの居酒屋に行き友達には盛り上がったけども実は担降りを考えてることを伝え、延々理由を話しました。よく最後まで聞いてくれたと感謝しかありません。

今まで担降りの話はしてはいましたけど、キスマイ担以外だったこともあり、キスマイの状況を知らない人ばかりだったので聞いてもらって終わり。「そっかー、そうなんだ」で終わる感じ、当たり前の反応なんですけどね。
本当に聞いてもらえるだけありがたいんですけど、どうも自分の意見が絶対になってしまっているとでもいいますか、一方向からしかキスマイを見ることができてない状態だったんですよね。
思いの丈を話しても、玉森担の子が担降りを咎めることもありませんでしたし、それよりも私が思っていたキスマイの現状と同じことを感じていたこと、玉森担の子の周りのキスマイ担の人たちとも同じ話をしていることを聞いてとても安心をしたと同時に、私以外もキスマイに対して同じような危機感を抱いてることに落胆をしました。

キスマイに関する内容はリンクを貼りましたエントリー、また前々回エントリーに偏見かつ超個人的な感情を書き殴っていますので、気になる方はどうぞ。そちらに関する苦情はお受けしかねます。

話した内容はネガティブ一直線でしたけど、誰かと共有できたことで気持ちがすこーーしだけポジティブになりました。もう少し二階堂くんを見てから考えてもいいんじゃないか?と立ち止まろうと思わせてくれました。

私は基本的に誰かと担当やアイドルへの思いというか、気持ちを共有すること一方的に話すのは得意なんですがが誰かと共有するというのが苦手なようです。このことに関しは改めて記事にしたいと思います。

口では「周りに同じグループを好きな人がいないのが寂しい」と言っていてもひとりで楽しめるからそこまで思っていなかったんです。
今回の鑑賞会で、とはいっても少しは共有することは必要なんだなと改めさせられました。

かといって輪を広げることは、年を重ねるごとに出てきた人見知りにより困難を極めますけど。
まずはアルバムをパソコンに取り込むところからスタートしたいと思います。

*1:Kis-My-Ftに逢える de show

*2:Kis-My-MINT tour