読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あざやかに塗りつぶすのさ

ジャニヲタ&スタダヲタ。新たに声優沼へドボン。 自分的メモ含む

思わずファインダー覗いちゃったよね

GWも今日で終わりますが、やりたいことはほとんど終わらず放棄しています。

先月末に発売されたJUMPの新曲の感想でも書いてみようかなと。
レビューにもならないくらいの思いついたものになると思いますのであしからず。
たくさんの方がレビューされていますが、聴いていても気づかないことに気づかされたりしてアイドル楽曲とはいえ奥が深いなーなんて思っております。
普段聴いているのもジャニーズとスタダアイドルばかりなのでなんの足しにもならないと思いますが、JUMPが注目してもらえるきっかけに少しでもなってもらえればなぁと思っております。

Chau#/我 I Need You 【初回限定盤】(DVD付)
Chau#/我 I Need You 【通常盤/初回プレス】(DVD付)
Chau#/我 I Need You

王子様という世界観が秀逸

ジャケットが公開された時点で、なんてメルヘンなんだ!と思いました。これはいろんな方の意見でも同様な反応だったと思います。サンリオのキャラクターとして商品化されてもおかしくないくらいのものですし。
今回のジャケットのデザインなどされたのは遠藤歩さんが手がけられたとのことです*1

lineblog.me

王子様モチーフにしようと考えた事務所やレーベルの偉い人たちに菓子折りを送りたいくらいです、本当。
新曲を出すとき、曲のよさもさることながらそれに合った世界観というのもとても重要になってくると思います。
アイドルなので、ジャケット写真、その衣装を身に着けての音楽番組の出演などなど。
肝心のキャラメルアーモンドポップコーンの世界観はどこへ

楽曲が何であれ、今のジャニーズの中で王冠をつけていいのなんてSexy Zoneだけなんじゃないかと思っている節がありまして・・・。もちろんJUMPも着けたらかわいいだろうなとは思っていましたけど、もうデビューして8年目にもなるし、上は25歳にもなるのにいまさらやらないだろうと思い込んでいましたが!こんなにもいいものになるとは思ってもいませんでした*2

まだまだキラキラしたアイドルが似合うんですね、JUMP。
20代前半なんてカッコイイ路線でいきたいってきっと思ってるはずなんですよね。そんななかでも求められてるJUMP像を本当にナチュラルに演じてくれるのはファンとしてはありがたいです。

乗せた王冠のゆくえ

王冠をもっと活用してくれたらいいのに。と心から思います。あんなに可愛いのに、
何でジャケットとMVの一部でしか使わなかったんだ!
これだけは声を大きくして言いたい。
9人誰がつけても似合うとかズルイとしか言えない。グループ内に一人はちょっと微妙ってあるじゃないですか。
安定さがなくなってしまうからダンスシーンは難しいかもしれないですけど、せめてリップシーンには入れてほしかったですね。
もうきっとこんなにあまい王子様姿は見れないと思う*3ので。

本当なら全員頭の中心に王冠を乗せたかったけど、バランスをみて伊野尾くんと有岡くんだけ真ん中になっているというエピソードがなんでか好きです。

Chau#の可愛さの中にある強引さ

トモダチゾーンとかデコレートされてく気持ちとか、みんなが夢中カーニバルとか可愛いとしか言いようのない歌詞がちりばめられている可愛い世界観が前面に押し出されている楽曲になっています。
そんな可愛い世界観の中で、好きな女の子を振り向かせたい!曲ですけど、意外と強引な男心が盛り込まれてるなぁと。

僕の手で溶かしたい

僕じゃない恋には もう出逢わないで

そのフレーズを我らが絶対的センター山田様*4が歌ってるというなんともニクい。
センターに言われたら逆らえなくなるじゃないかーとそんなところにもきゅんきゅんさせられる曲だなと思っています。
それでも思ってるだけで行動に移せてるのかわからない感じがJUMPの曲だなぁとも思います。

歌割りの変化

同じフレーズは同じ人に振られているというのもJUMPの中では珍しいのではないでしょうか。
今まではサビに同じフレーズが合ったとしても、サビごとに歌ってる人が変わっていたのですが、Chau#に関してはサビの同フレーズは山田・知念・有岡・伊野尾で固定になっています。これは今まであまりない傾向だと思います。
ここ最近ファン以外からも注目をされている中で、9人それぞれを区別するためにはいい選択だったのではないでしょうか*5
満遍なくパート割りがあるほうが嬉しいですけど、今JUMPの中で注目させたい人を押し出せるほど、山田くん頼りが少なくなってきたとてもいい流れになってるんじゃないかと思ってもいます。
絶対的センターは、一番場所の一番いいフレーズを堂々と歌ってもらいたい。そういちヲタクは思っています。

特典映像JUMQ

JUMPartyからJUMQになったのかは分かりませんが、今回も特典映像がおもしろかったですね。
メイキングは年齢を重ねていくからか、楽屋の映像が少なくなったりしていってますがサービス精神が旺盛なJUMPは健在ですね。
普段のやり取りが見れるいい機会でもあると思います。30分くらいつけてくれるのはありがたい。

通常版初回プレスに入っている、ジャンジャンJUMQというクイズ対決をするシンプルな映像もおもしろかったですね。
次回のアルバム収録ユニットが勝手に決まっていたり、ご褒美はユニットMV製作だったりと本当にJUMPのやる気を高めてくれるすばらしいご褒美内容でした。
アルバム発売がいつかも不明ですけど、早くMVがみたい。
聴く用、見る用、保存用、貸し出し用、配る用を買う準備はできますから。

両A面だったので、我 I Need Youやら、BEST/7の曲の話もしたかったのですが、それはまたの機会に。

*1:ぜひコンサートグッズのデザインにも参加いただきたい

*2:パステルカラーなのに薮ちゃんの覇王感が半端ねぇよ

*3:待ちうけの画像は誰にするか本気で10分以上悩みました

*4:一度いってみたかった

*5:そのとき推したい人が顕著にわかる点